自己研鑽って?何を?原因?

世の中には本当に数多くの施術法があって、数多くの人が、 どこに行っても原因が不明で、症状を改善できずに悩んでいる現状です。また、痛みや不快な症状を、「とりあえず」の方法でごまかしながら生活しています。
本来、施術は患者様の症状を改善に導くためのもの、患者様を救うためのものであるはずが、そこからかけ離れてしまっている院もたくさん存在します。

施術家のほとんどが症状の原因を掴めているのでしょうか?原因が解らず、自分の方法を患者様に当てはめてが多いと思います。したがって、原因がぴったり合う人は改善するのですが、合わない人は、ずっと良くなりません。一時的に良くなっても、またすぐ症状に悩まされるようになります。

原因が正確にわかることは、施術家にとってはものすごく重要で、症状を根本的に改善するためには必須ですが、かなり難しい事でもあります。

原因不明であっちこっちたらい回しされ、家族にすら辛さがわかってもらえず、毎日辛い想いをしている患者様の「何とかして欲しい!」「誰か救って欲しい!」「この辛い苦しみを取り払って欲しい!」という切実な想いに“私は”応えることができるように、今現在も真剣に自己研鑽に励んでいます。