手を後ろに伸ばして首を傾けて下さい。
①手を後ろに伸ばす
②そのまま手首を手の内側に曲げる
③首を、伸ばしている手の反対側に傾ける

時間が経つにつれて、腕がしびれる感覚が出てくるのであれば・・・内臓が不調を起こしている証拠です。なぜかというと、腕にしびれがでるのは腕にある腋窩神経が滑りづらくなっているからです。神経はある程度滑る状態が正常です。ちょっと難しい説明になってしまいました。この神経は他の神経にも繋がっています。

腕は痛みが生じるので分かり易いですが、内臓はよほど不調でない限りは気づきにくいものです。内臓が弱っていくと、疲れやすい、症状が再発しやすい、別のところに不調が出るなどします。弱った内臓の働きを復活させれば改善されていきます。