実は内臓機能が正常に働かなくなるだけで

身体にさまざまな悪影響を及ぼしてしまう。例えば、胃もたれによって姿勢が歪み、その結果、身体全体のバランスが悪くなって肩こりや腰痛がおきてしまう…。

肝臓が正常に働かなくなることで、栄養が正しくエネルギーに変換されないので、慢性疲労が続いてしまう。

ホルモンバランスが調整できなくなることで、婦人科系疾患やアトピーなどのアレルギー症状が出てしまう。など、痛み・しびれ・内臓疾患・アレルギー・精神疾患も原因は内臓にもあります。

内臓をコントロールしているのは自律神経で、自律神経を正常化させ、内臓の働きを回復することができると、人間が持つ自然治癒力が最大限に発揮され、疲れにくい、症状が再発しにくい、ほんとうの健康な身体をつくることができるのです。